What kind of company?大浩ってどんな会社?

企業理念は存続発展。
従業員全員が誇りを持ち、
幸せになって欲しい

代表取締役社長 秋月 聖行

代表取締役社長 秋月 聖行

大浩のルーツは、1961年まで遡ります。個人事業として叔父が大浩無線研究所として発足し、当初は船の無線機を製造していました。昭和44年には株式会社大浩無線になり、基板の配線や実装なども手がけるようになります。1977年ごろ、基板の実装だけにとどまらず、トータルな製造をするということで、山梨に工場を作りました。そこからは好調に事業を拡大していきます。

1995年には、父が2代目社長となりました。そのころまでは、大手の取引先からの依頼が多く、一部依存しているところもありました。しかし、それでは企業経営として安定しません。2002年からは、外にも目を向けようと営業部隊を正式な形で発足させました。「我々でできることはとりあえずやってみよう」と言うスタンスで始めたのですが、社員のスキルアップや利益の確保などが思うように行きませんでした。

そんな中、2006年に私が3代目社長となったのですが、2008年のリーマンショックで半導体の製造業界全体がダメージを受けてしまいます。それまではスケジュール表が真っ黒に埋まっていたのですが、ある週真っ白になっており、記入漏れかと思って取引先に電話して確認したくらいです。実際は、リーマンショックの影響で製造を激減させていたのです。2011年には大震災も起きてしまいます。この頃はいい話がほとんどありませんでした。弊社も影響を受けて売り上げが落ちてしまい、一時期は厳しい状況になったのです。しかし、外に目を向けて努力してきたことが実を結び始めました。

さらに、組織もトップダウンからボトムアップというか、双方向にコミュニケーションを取っていくスタイルに変わりました。製造業はある程度仕事をカタにはめているところがあったのですが、そのインプット型だったところをアプトプット型にしたのです。社内的には大きな変化で、我々は「第2の創業」と呼んでいます。製造業はトップダウンのイメージですが、今は世界の変化速度が速いので、現場レベルで気づきが必要になってきたのです。気がついた人が、情報を共有しあってコミュニケーションを取っていく組織にしたのです。

昔はどちらかと言うと「維持」が目的だったのですが、今は「発展」を理念としています。みんなで模索しながら、もっと先に行こうと考えているのです。どうせ一緒に長い時間仕事をするのなら、仕事を楽しいと感じたり、充実感を得られたりして欲しいです。そんな環境を作っていきたいと思っています。

目指すところは、みんなが仕事に誇りを持ち、働いてよかったなと思える職場、そして幸せになってくれることです。理想ですが、たゆまず努力していきます。

“営業”ではなく
“コーディネーター”として
ビジネスをハンドリング
して欲しい

取締役常務執行役員 青樹 英輔

取締役常務執行役員 青樹 英輔

弊社の営業は、一般的な営業職とはだいぶスタイルが異なります。多くは自社製品があって、それをお客様に対して提案しています。我々は、いわゆるメーカーがお客様で、主に装置の受諾製造を行っています。そのため、我々にはノルマはありません。ノルマが課されると、本来するべきサービスではなく、目先の売り上げをどう増やすかということを重視するようになってしまうからです。

我々の商売は、初めての取引で黒字になることはまずありません。お客様としても、新しいところと取引をするということは手間がかかります。図面の書き方から仕事の仕切り方といった文化が違うからです。そのため、お客様と阿吽の呼吸になるまでにものすごく時間を要します。最低2~3年間はおつきあいして、我々はやっと利益が出て、お客様としても効率的な生産が達成できるのです。

装置メーカー業界の歴史は古く、お付きの工場がすでにあります。その中に入っていくときに他社と同じスタンスだと、価格競争になってしまいます。そこで我々はこちらから提案していくスタイルを取っています。そのため、弊社では“営業”ではなく“コーディネーター”と呼んでいます。仕事を受ける際、お客様の求めていることや、お客様は気づいていないけれどももっと効率がいい方法に気がつく必要がありからです。そういったところ全体を営業担当がコーディネートをするという位置づけになっているのです。

例えば、依頼された製品の組み立てが終わった場合、一般的にはお客様のところに戻し、そこで技術者が最終的な検査や仕上げをします。しかし、その工程を我々が担うことができれば、お互いにビジネスチャンスとなります。今では、製品が動くところまで手がけ、お客様のところに戻さず、直接エンドユーザに出荷・設置できるようになりました。

仕事を引き受けたなら、弊社でできないことがあっても、あきらめるわけにはいきません。そのため部材調達から加工業者までコーディネートするのもコーディネーターの仕事です。カタログを持って営業する場合は、これいかがですかと言うのですが、弊社はお客様が装置を作る際に、どうしたら一番効率的かと言うことを考えます。そのため、こうじゃなきゃいけないということがないんです。効率的にいい仕事をするために必要なことは毎回変わりますし、お客様によっても変わるからです。

我々のコーディネーターは、提案力が重要です。相手のことを考え、お客様と同じ気持ちになることが大切なのです。柔軟性と想像力が求められます。自分の力で仕事を取ってきて、成功に導くのはとても面白いし、やりがいがあります。我々と一緒に働いて頂けるのなら、とても頭を使うことになりますが、楽しくチャレンジして頂ける環境であると思います。

製造に関わる仕事を
一気通貫で色々と
経験できるのが醍醐味

取締役執行役員 橋本 亮

取締役執行役員 橋本 亮

私は今年で大浩に入って17年目です。主に物づくり、つまり製造を担当しています。物づくりはそもそも楽しいことですが、大浩で製造に携わる最大の醍醐味は、様々な仕事を経験できることです。

まずは製造とは言え、やはりお客様が求めているニーズをきっちりキャッチする必要があります。弊社でコーディネーターと呼んでいる営業担当とともにお客様から要望を伺います。多くは、装置の一部のパーツを作れないか、というお話を頂くのですが、よく聞くと全部作れることもあります。そう伝えると、だったらまとめてお願いする、となることが多々あります。全部の作業を担当することがお客様のコストダウンや効率化というニーズに合致したというわけです。

次に、設計図を元に組み立てるのですが、これもすんなり行くわけではありません。スマートフォンを作る場合は、組み立てる順序まで書いてあるマニュアルがあります。しかし、我々が扱う装置の場合はすべて書き込まれているドキュメントはほぼありません。ネジを締める順番とか、そもそもどこのツラを合わせてネジを締めるのか、など色々考えなければいけないところがあります。そして、その積み重ねが、クオリティに直結します。クオリティが低いと、完成したとき色々な問題が起きます。きちんと作っていれば、問題が起きても「あそこではない」というジャッジができますが、適当に組むとどこが原因かわからないのです。

また、必ずしも図面に沿うというわけでもありません。図面では配線が右から引かれていても、左から引いた方がケーブルが短くなりコストダウンできることに気がついて提案できれば、お客様に喜んでもらえます。これはとても大きなやりがいです。作業している部分が、何のためにあるのか、ということを考えながら作るのも面白いですね。

「火を入れる」と言うのですが、組み立てた装置の電源を入れる時はドキドキしますし、動いたときは凄く嬉しいものです。また、最終的にお客様の販売先に設置することになるのですが、それで海外に行くこともあり、とてもいい経験になりました。

弊社は、精度が高いのが強みです。光学的な調整は高い精度を要求されるのですが、我々はメーカーと同じレベルの精度を出せます。こんな経験はあまりできないので、楽しく仕事をできています。技術者として、設計から組み立て、調整と一気通貫で仕事できるのはとても大きなメリットです。

納期厳守も我々のプライドです。さらに、きちんとした物を指定された期間より短い作業時間で作ることができたら、Win-Winです。やったぞ、という達成感も得られます。

大浩の物づくりで重視しているのは、チームワークです。だいたい5人から10人くらいでチームを組んで仕事に当たります。かけがえのない仲間達と支え合いながら仕事を進めるのは最高です。

製造や物づくりと言っても、ものすごく難しいことをやっているわけではありません。多くの人にできることだと思います。必ずしも経験者でなければいけないというわけでもないのです。ただ、やっぱりそこに、物づくりが好きであるとか、ある程度情熱的なものがないと続きません。物づくりに興味のある人、大浩の一気通貫は面白いですよ。